お魚せんべい


焼きめざし、お魚ジャーキーの生産中心でしたが、久しぶりに「せんべい」の加工です。


新しいレシピ。
そう、この前ご紹介した、あれが入っています。
ごぼう粉末です。


ベースになっているのは、お米、だし汁、醤油、という、お魚ジャーキーシリーズでも
レギュラー調味料、そしてこの焼きめざしです。


焼きめざしは、そのままでももちろん、南蛮酢に漬け込んだら南蛮漬けに、そして粉末になれば
せんべいにと、オールラウンド、マルチ・・・? プレーヤーです。
食べて頂くお客様の感想で一番多いのが、“サクサク”食感、というお言葉です。

あまりごぼうが得意ではない私がレシピを作ると、ごぼうの味がしない! というお言葉も
頂きますが、「お魚せんべい」ですので、この商品では引き立て役に回ってもらっています。

近いうちにごぼう主役の商品開発です。






マグロのビフォアフター


マイナス4度の朝に加工したときの写真です。
「お魚ジャーキー マグロ淡口しょうゆ」味です。
味付けはいたってシンプル。調味料は、だし汁、醤油、本みりん、へべす、この四つの調味料のみ
で味付けしている、無添加の商品となっています。

ところで、二枚の写真を見比べて何かお分かりなるでしょうか。



定点写真です。
乾燥前と乾燥した後の二枚の写真。
乾燥前と後を比べると、切り身と切り身の隙間が大きくなっていませんでしょうか。
そうです、寒くてこんなに縮んだわけではありません。
たっぷりの調味液を蓄えた乾燥前、調味液の旨味を吸い込んで乾燥したもの、です。
体積で約3分の2程度、重量で約10分の1程度になってしまいます。
10倍の旨味凝縮! です。
是非一度ご賞味下さいませ。
宮崎空港内のブルースカイ様、宮崎県の物産館様、宮崎市物産館の海幸山幸様、宮崎山形屋さん
1階入り口にあります、ひむかよかもん市場様でもお買い求め頂けます。
30g入り、500円(税抜き)となっています。






マイナス4度の朝




とっても良く晴れた朝でした。
が、外気温を示す車の中の温度計は、マイナス4度。
マイナス4度も表示できるんだ・・・などと不思議なことを思いながら家を出たのですが、車の屋根にはこの通り、霜がたくさん降りていました。
「この冬最強の寒波」と天気予報で流れていたのですが、今朝その言葉を実感した次第です。
霜は、空気中の水蒸気が水にならずに氷の結晶となったものとのこと。
寒さを実感するには十分な景色です。



ラボの中も冷えていました。
今日は午後からマグロの加工。
解凍したばかりの魚の切り身、そして冷蔵庫でキンキンに冷えた漬けタレ、触っているうちにゴム手袋の中まで冷たさが伝わってきます。
明日は、漬け込んだマグロの乾燥。
まだしばらくは、この冷たさで「しびれる」毎日が続きそうです。






「ごぼう」の加工。




先日、乾燥から焼成、粉の加工まで行いました。写真は乾燥前と、粉に加工したものです。
生の状態から、カットしている時、乾燥している間、そして袋詰めまで、全く風味が変わらず、
本当に香ばしい匂いが会社の中に漂っていました。
特に焼成(焼き)の工程では、一段と香りが高くなり、食欲をそそられるような感じがします。
今回の「ごぼう」青森で収穫されたものです。

この粉ですが、これから新しい商品の試作に使うためのものです。
今週から来週にかけて試作品をつくる予定にしています。
どんなカタチに変身するか、またご紹介させて頂きます。








もっと、新しく、違う料理に。


焼きめざしの南蛮漬け

先日、大好評を頂いている「焼きめざし」を素揚げにして食べたということを報告致しました。
その後、このように、更にもう一手間かけた料理の報告を頂きましたので、写真付きで紹介させて頂きます。
「焼きめざしの南蛮漬け」です。
野菜たっぷりで、とても美味しそうです。
さっと油揚げ、南蛮酢に漬け込んで、一昼夜すると、味も浸み込んで柔らかくなったということでした。

私はというと、この休みに、油揚げする手間を省いて、「焼きめざし」そのままを南蛮酢に漬け込んだ「焼きめざしの(手抜き)南蛮漬け」を作りました。
どれだけ手を抜けるか・・・それだけでしたが、さすがに焼きめざしです。
一晩漬け込んでおいたら、しっかり味が浸みて美味しく頂くことができました。

ただ、油で揚げた熱々を南蛮酢に漬けると、味の吸収も早いと思われます。
手をかければかけるほど美味しいものが出来上がるのは、料理も商品も同じこと、と改めて考えた週末でした。





宮崎港に「にっぽん丸」。


にっぽん丸

1月5日木曜日の午後、お取引先様である宮崎カーフェリーの売店へ納入に伺ったところ、停泊中の「にっぽん丸」を見ることができました。
商船三井客船株式会社のホームページによると、1月4日に神戸港を出港して、宮崎、広島を観光する4日間のコースでの寄港。宮崎港に寄港するのは年間で2回ほどのこと、間近でみたのは初めのことで写真をパチリ。
総トン数が22,472トンということですので、宮崎と神戸を結ぶカーフェリーの総トン数の約2倍。
大きさもさることながら、優雅な姿がとても印象的でした。

ところで、宮崎カーフェリー様には昨年11月から「お魚ジャーキー」と「焼きめざし」を納入させて頂いています。
ターミナル内にある売店は、旅に出かけるための様々な品物が充実しています。
売店は午後のみの営業ですが、お近くにお越しになる際には是非お立ち寄り下さい。
お立ち寄りの際には、当社の製品も手にとって下さいませ。







新しい食べ方


新しい食べ方

焼きめざしの素揚げ

たくさんのお客様から、「美味しい」と言って頂いている“焼きめざし”です。
どれだけたくさんのお客様が言って下さっているか・・・それはヒミツ、です。

今日はちょっと違う食べ方のご紹介です。
新しい食べ方との題名にしてますが、普段は袋を開けてそのまま食べることができます!
と、紹介していますが、今回は袋から取り出して、ひと手間。
素揚げです。
(写真ではただの焼きめざしに見えますが、ほんとは揚げてます)

衣も、何もつけていませんので、ただ油を温めて、そのまま焼きめざしを入れただけの
手間なのですが・・・。
焼きめざしの香ばしい匂いが好きな私にとってはちょっと物足りないほど、魚の臭みが
なくなり、めざしとは思えないものになりました。
すでに焼いていますので、ほんのちょっと油で揚げるだけで十分です。
この後、マヨネーズに七味を混ぜたものにつけながら、パクリ。
これまたなかなか美味しい食べ物に変身です。

うちは、こんな食べ方してますよ。
という情報ありましたら、ご一報下さいませ。
お待ちしております。








しごとはじめ


しごとはじめ。

1月4日が仕事始めです。
年末年始、暖かい日が続きとても過ごしやすかったこともあり、
元日の初詣以外、ほとんどの時間を家の中で過ごしておりました。
(家の中でぬくぬく過ごしていました・・・)
久しぶりの早起きは少々気が重かったですが、朝日が反射して
キレイな色をした景色を見たら、清々しい気持ちになります。
宮崎市内は今日もとても良く晴れています。
この澄み切った空のように、気持ちよく駆けていきたいと思います。
今年一年、どうぞよろしくお願いいたします。








店舗・企業情報

会社名

合同会社フードマーク

住所

〒880-0303
宮崎県宮崎市佐土原町東上那珂16500-2
宮崎県工業技術センター内

TEL

0985-74-0874

営業時間

8:30〜17:15

定休日

土曜日、日曜日

URL

http://foodmark.co.jp

コメント