3ヶ月ぶりのブログ更新です。


『4月6日に宮日新聞電子版に紹介してもらいました。』
と、いうブログをあげて以来、ちょうど3ヶ月目の更新です。
3ヶ月間、パソコンが使えない場所に居たわけでもなく、ブログに書くべきことが無かった訳でもなかったのにも関わらず、ダラダラと時間をやり過ごしてきました。
この3ヶ月間で新たにお取引の始まったお客様のご紹介や、新しい商品のことや、今手がけている試作品のことについては、随時この場でご紹介をさせて頂きますが、今いま何をやっているかという紹介を本日はさせて頂き、3ヶ月ぶりのブログ更新と致します。



写真は中玉トマトという品種で、佐土原町で収穫された地元産です。
すでにカットされた状態ですが、このトマトはドライトマトの加工途中のものです。
まだトマトの加工? とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、このシーズンでは最後の収穫となったトマトたちです。
農家の方は、これから次の収穫に向けて(次は10月中旬からとのこと)準備に入られました。
最後に収穫されたトマト、ドライトマトに仕上げての納品となります。

トマトつながりの話しですが、6月29日号の週刊文春の3ページにわたる「酢が効く!」という特集の中で紹介されていたレシピに以下のようなものがありました。
食感も酸味も楽しめる「酢トマト」・・・そのままですね・・・
醸造酢とミニトマトを原料して酢漬けにして食べるというものですが、そのまま食べるのも良し、サラダとして、カレーの付け合わせに、という紹介でした。
ので、私もドライトマトの酢漬けを作って早速食べてみました。
夏場には疲労回復効果があるとされるお酢、食べた後は、カラダすっきり、トマトとお酢の酸味が相まって相当美味しかったです。





店舗・企業情報

会社名

合同会社フードマーク

住所

〒880-0303
宮崎県宮崎市佐土原町東上那珂16500-2
宮崎県工業技術センター内

TEL

0985-74-0874

営業時間

8:30〜17:15

定休日

土曜日、日曜日

URL

http://foodmark.co.jp

コメント

魚を原材料に使った「お魚ジャーキー」の商品開発、製造をはじめ、宮崎大学と共同開発を行った「お魚せんべい」、県内で加工された漬物を原料にした「ドライ漬物」や、ドライ明太子など、乾燥して美味しいもの、ありそうでなかった商品を作っています。