素朴なギモン


毎日、ラジオを聴きながら仕事をしています。

今週月曜日からNHK第一放送では、「子ども科学電話相談」という番組を聴く
ことが出来ます。
毎年、この時期になるとこの番組をとても楽しみにしているのですが、毎回、
何故こんな質問を考えることができるのだろう・・ と質問者である子供さん
たちの発想の豊かさに感心してしまいます。

今日の放送の中でも、作業しながら、思わずあっそうか、そんなこと考えたこと
なかったなー という質問がありました。
「地球では地震があるけど、月や火星や土星も地震があるのですか?」

高校の時の先生に、どんな小さなことにも興味や感心を持つこと、そして
疑問を持つことを忘れないこと、と繰り返し言われたことを思い出しました。

この仕事を始めて思うことなのですが、新しい商品の開発は、本当に些細な
気付きと、好奇心、そして素朴なギモンの解決の繰り返しです。

これをドライ加工してみるとどうなるのだろう、どんな味の変化があるのだろう、
どんな風にカタチは変わっていくのだろう、まだまだ知らないことばかりです。
知らないことばかりだからこそ、新しいものが生まれるのかもしれません。

まだまだ加工したことのない魚もたくさんあります。
ドライ加工して美味しくなる魚なのか、また味付けは、醤油味がいいのか、
塩だけのシンプルな味の方が美味しいのか、そんなこと考えていくと、もっと
もっとたくさんのものを作っていけそうです。


おとなの科学電話相談もないかな。
「お魚を焼くと、なぜ美味しくなるのですか」


かます
写真の魚は、「かます」、塩だけのシンプルな味付けです。






店舗・企業情報

会社名

合同会社フードマーク

住所

〒880-0303
宮崎県宮崎市佐土原町東上那珂16500-2
宮崎県工業技術センター内

TEL

0985-74-0874

営業時間

8:30〜17:15

定休日

土曜日、日曜日

URL

http://foodmark.co.jp

コメント

魚を原材料に使った「お魚ジャーキー」の商品開発、製造をはじめ、宮崎大学と共同開発を行った「お魚せんべい」、県内で加工された漬物を原料にした「ドライ漬物」や、ドライ明太子など、乾燥して美味しいもの、ありそうでなかった商品を作っています。